日焼けが原因で目の下に大きなシミができてしまった体験談

2015-02-09_230215

私は、若い時、紫外線対策をほとんど行っていませんでした。日焼け止めクリームも塗らず、帽子や日傘もささずに、無防備な状態で外出したりしていました。

 
そのせいか、35歳を過ぎた頃、目の下の方の頬の部分に、大きなシミができ始めました。初めは、シミの原因がわからなかったので、これといった対策をせず、ただファンデーションを厚目に縫って、シミを隠していました。

 
ある時、いつもの化粧品を買いに行った時、肌診断をしてもらいました。そして、私のシミは紫外線によってできたものだと分かりました。

 
原因がはっきりわかってからは、シミを増やしたくないという気持ちになり、紫外線対策に力を入れるようになりました。まず、日焼け止めクリームを化粧下地の前に、たっぷり塗るようにしました。また、夏場の外出の際には、ツバ広の紫外線よけ帽子をかぶり、腕にもシミが多少あったので、アームカバーをするようになりました。

 
それと並行して、シミを治すために、美白化粧品を使うことにしました。私が使ったのは、富士フイルムの「アスタリフトホワイト美白美容液」です。この美容液は、アスタキサンチンという美容成分と3種類のコラーゲンが配合されていて、肌の保湿効果が抜群です。

 
私は、このような対策をしてから、1年になります。今は、シミが徐々に薄くなり、目立たなくなってきています。私は、紫外線を浴びないようにすることが、肌にとってとても大切だということを痛感しました。

 

若い頃していたスポーツが原因で今ひどいシミと小じわに悩まされています。

私は20代前半のころ、マリンスポーツにはまっていた時期がありました。きっかけは、当時交際していた彼氏がマリンスポーツをやっていたので一緒に始めたのです。

 

マリンスポーツをやっていた期間は1年ほどでしたが、当時の写真を見ても自分がびっくりするくらい日焼けしていたなあ、と思うのと同時にその時のお肌への影響が今になってしみや小じわとして出てきているので、しっかり日焼け対策をしていなかったことに後悔しています。

 

そして近年は悩んでいるしみや小じわを少しでも解消したいと思って、美白ケアや保湿ケアをしてきましたが、やはりちょっとした対策だけでは何の効果もありません。

 

さらに私は市販のほとんどの化粧品に対してアレルギーがあったりするため、これまでにさまざまな美白ケアの化粧品を使ってきても全て肌が荒れたり刺激を受けたりするなどして、使えるものが見つけられない状態で現在は美白ケアができていません。そのため現在できているのは保湿ケアくらいで、美白ケアの方は諦めました。

 

その代わりにBBクリームで日焼け対策をしたり、日傘や帽子などを使ってこれ以上しみや小じわが出来たりすることがないように対策をしたいと思っています。